MENU


台所に長時間立てなくなった。
お尻から足にかけて痛みがあり苦痛を感じる
歩をしたいが5分以上歩くと、足にシビレが出る
外出中に、すぐ椅子やベンチを探してしまう

整形外科や接骨院へ行って電気治療やマッサージをしたが

症状が改善しない

長い時間台所に立てるようになります。
痛みが無く、苦痛の無い生活を送れるようになります。
散歩が5分以上出来るようになります。
外出中に椅子やベンチを探さなくなります。
シビレの症状が改善します。

  

  

image1.jpeg

お客様の喜びの声

腰部脊柱管狭窄症


※効果には個人差がございます。※

 

動画を文字化したものは

こちらから

 

脊柱管狭窄症・喘息

坐骨神経痛の施術法


 

 

 

脊柱管狭窄症とは??

脊柱管狭窄症の代表的な症状として間欠性跛行(かんけつせいはこう)といわれるものがあります。安静にしていると特に目立った症状は出ませんが、立っていたり長時間歩いたりすると、腰痛が出たり足にしびれが出たりします。



また、腰を反ったりすると痛みやシビレが強くなり、前傾姿勢をとると痛みやシビレが少し軽減します。

 

間欠性跛行.jpg

 



次のような場合は脊柱管狭窄症の可能性が高いです。



散歩をしようと歩くが、 5 分くらい歩くと痛みやシビレを感じ座り込んでしまう。

 

 


スーパーやデパートなど買い物へ行ってもすぐに座る場所を探してしまう




歩いては足に手をあて少し休んで、また歩くことを何回も繰り返してしまう




お尻から足にかけて痛みや違和感がある




排尿障害があり、トイレの際に支障がある

 

 



なぜ、このような症状が出るかというと狭窄症が起こっている場所によって圧迫される箇所が違う為です。大きく分けると以下の①~③の3つの種類に分けられます。





    馬尾型

脊柱管の中心部分にある馬尾神経といわれる部分が圧迫されておこります。
症状としては両下肢のシビレ、冷感、痛み、排尿障害があげられます。

狭窄症03.jpg



    神経根型
馬尾神経から伸びてきた神経の根っこ(神経根)が圧迫されておこります。
症状としてはお尻か足にかけての痛みを発生させます。

狭窄症02.jpg



    混合型
上記の 2 つが併発しているものを言います。

狭窄症05.jpg



あなたの症状が改善しない原因とは・・・?

脊柱管狭窄症とは加齢などの様々な要因により骨・関節・椎間板・靭帯などが肥厚し、脊柱管が狭くなることにより神経を圧迫し、血行を阻害することにより症状が出る病気です。腰椎椎間板ヘルニアと同様に坐骨神経痛を引き起こす病気の一つでもあります。

狭窄症07.jpg 

程度にもよりますが、日常の一定の動作で痛みやシビレが出る場合もあれば、重度になると運動機能が上手く働かず、感覚が麻痺するという状態になります。



今あなたの身体の状態が、どの状態なのか冷静に判断する必要があります。


 

また、よく運動をして筋肉を鍛えて治すと言う方もおられますが、かえって腰回りや臀部、足の筋肉に疲労が溜まり、痛みやシビレをかえって悪化させてしまう場合があります。

医療機関に通院して改善しない場合は本当の原因に対してアプローチされていないことが多いです。


 

また病院で行われる主な治療法としては・・・

薬物療法(湿布薬・痛み止め・血流改善薬)
物理療法(電気治療・温熱療法)
ブロック療法(硬膜外ブロック注射・神経根ブロック注射)
運動療法(ストレッチ・腹筋背筋の強化・ウォーキング指導)

などがあげられます。



投薬やブロック注射も治療法の一つですが、根本的に改善するためにはしっかりと原因を突き止めそれに対して施術を行うことが必要になります。



施術法の紹介

施術の流れは変形した骨を本来あるべき姿に復元するため、当院独自で開発した当て木とゴムハンマーを使い変形のある部分に対して軽くこんこんと叩きながら骨を整えていきます。



当院のこだわりは、腰だけでなく腰から下の骨盤、股関節、膝、足首、足裏、足指を本来の位置に復元できるよう骨にアプローチし即効的に痛みを取り除いていきます。



日常での過ごし方も聞かせていただき、今後同じような変形が起きないよう、健康な過ごし方をお伝えしていきます。施術を受けることにより早く痛みが改善し、メンテナンス治療と日常でのケアにより再発しない身体作りができます。



 

一野式筋肉骨調整法での考え方

なぜ腰部脊柱管狭窄症が起こるかというと、加齢によるものや、労働での無理な体勢や仕事による肉体的負担、または背骨の病気による影響で変形した椎間板と、背骨や椎間関節から骨が突出することにより神経が圧迫されます。

 


分かりやすく例えるなら「脊柱管は脊髄の神経が通るトンネル」です。

脊柱管.png

 

加齢により背骨が変形したり、椎間板が膨らんだりすることによって、

脊柱管(トンネル)が狭窄され(狭くなり)、神経を圧迫することで神経の本来の血流が損なわれ、腰部脊柱管狭窄症を発症します。


 

つまり、腰部脊柱管狭窄症の原因は



333333333333333333333333333333333333333333333333333333333.png



では何故骨が変形するのか?それは人間の土台である足の骨に変形がある為に、上半身にまで影響が出ているのです。

当院の実績が全国のプロ治療家からセミナー講師として認められています。

当院独自で開発した当て木とハンマーを使い軽くコンコンと叩く一野式治療法で、即効的に効果が分かります。

当院の施術効果が高い秘密はアフターフォローがしっかりしているところです。

施術後の過ごし方・施術効果を高める方法・施術効果を長持ちさせる方法・今の身体の状態にあったストレッチ法・体の基礎を作る養生法・食べてはいけない食べ物について・水を飲んで健康になる方法・正しい睡眠・足がつった時の対処法。

施術後にプリントでお渡しします。

月4回の勉強会、研修会を行い高度な治療を提供します。

整骨院匠の施術法

狭窄症04.jpg



当院では一野式筋肉骨調整法という当院独自の施術法で、変形した骨を木とゴムハンマーを使い、ソフトに本来の骨の形へ整えていきます。

 

腰部脊柱管狭窄症の場合は、結果は腰に対して症状が出ていますが、本来の原因は土台である足にあります。腰の悪い方の多くは、殆どの方が外側体重です。この外側体重により脛骨・腓骨(膝から下の骨)が外側に曲がるような骨の変形が起きます。

 

この変形が起こることによって大腿骨(太ももの骨)にも骨の変形が起き、膝関節の動きや股関節の動きが悪くなります。こうなると骨盤のバランスも崩れ、腰椎の変形に繋がるのです。

 

だからこそ当院では足元である足の骨の形を先に整えていき、次に脛骨・腓骨の調整、膝関節の調整、大腿骨の調整、股関節の調整を行うことによって、足元(下半身)が安定します。

 

足元(下半身)が安定することによって、腰部や上半身のバランスも取りやすくなります。そして、腰椎の細かい調整を行うことによって、背骨の変形も少なくなり脊柱管(トンネル)が狭窄されて(狭くなって)いた部分の隙間が広がり、神経本来の血流が回復し、症状が改善していくのです。


stenosis.jpg

推薦の声を頂きました。

『熱意ある本気の整骨院』

株式会社セラピストプラネット

代表 小樋 将太郎


 

推薦の声は

「こちらから」

「腰痛・ヘルニア・交通事故後の後遺症で悩んでいるあなたへ」

株式会社 Therapist infinity

代表取締役

 

INFINITY 代表

 

慢性難治症状専門整体院 和~nico~ 

代表 川西 翔太 

 

推薦の声は

「こちらから」

 

技術・接客ともに素晴らしい整骨院です

あい鍼灸整骨院

 

院長  浦上 祥聡


推薦の声は

「こちらから」

 

madamada.png

治療を受けるごとに良くなっていきます!!

藤井千代子さん 福山市 68歳 女性

腰痛で両膝から足先のシビレがあり困っていました。

病院に行っても薬の副作用だと言われどうしていいか悩んでいた所、子供から整骨院匠が良いと紹介され来院しました。

治療を受けるごとに腰も良くなり膝から下のシビレも良くなりました。

 

喉のつまりもあり、まさか整体で良くなると思っていなかったので驚きました。

継続して今後も来て体をしっかりとケアします!

私と同じような症状の方にお勧めしたいです。

 

※効果には個人差がございます。

全幅の信頼を置いています!!

仁科 義弘さん 岡山県浅口郡 70歳 男性
 
脊柱管狭窄症の診断を受け一番ひどい時は100m歩くのに30分以上かかる時もあり、一時は会社を1ヶ月休み毎日松葉杖を使って自転車に乗るなど、日々の生活にも支障がきたしていました。朝起きる時ぎっくり腰のような違和感を感じることも多く、車から降りる時には右股関節にギクッとなるような鈍い痛みも感じました。

整形外科へ2ヶ月毎日痛み止め的な注射を打ったり、最終的には手術をすすめられ通院を止め、赤外線治療などいいと聞けばどこへでも行きました。

何日かすると腰がギクッとなるような症状や股関節の鈍い痛みがよく起こり、完全ではない体に不安を感じてきました。

最初は半信半疑の気持ちもあり、3ヶ月過ぎた頃から股関節の嫌な痛みも感じなくなり、ゴルフをした後も前は2〜3日体のだるさを感じていましたが、先生の治療を受けてから6ヶ月目位には何も感じなくなったような気がします。

今まで受けてきた治療は痛いところを強くもんだり、電気治療の一時的治療の様に感じます。その時は痛みが和らぎ良かったのですが、先生の治療は体全体正しい形に直していく治療の様に実感しています。骨を正しい形に直していく治療はシンプルであり、ベストな治療法と信頼して治療を任せられます。

私も最初は半信半疑で通っていましたが、今は全幅の信頼を置いて治療を受けています。自分の体に自信を持てるようになりました。本当に体を見透かせる先生です。感謝!!

※効果には個人差がございます。

最後にお伝えしたいこと

私たちは皆様の健康に貢献し、

笑顔溢れる人生の充実を創造することが使命です。


今の痛みを取り除くだけではなく、同じような痛みがでないように

再発しない体作りを行い5年後も10年後も健康で楽しい人生が送れるよう

しっかりとサポートさせていただきます!

ご予約・お問い合わせはこちらから

痛くない施術と再発させないフォロー

施術法と痛み、シビレの原因に対する考え方が全く違います。


どこにもない施術法となりますので、初めて受けた患者様はなぜこんなに痛くないソフトな施術で変わるのか、もっと早く知っておけばよかった、痛みの原因がわかって本当によかったと言われる方がほとんどです。

 

私たちのゴール設定は再発させないことです。


痛みが早く改善してもすぐに再発が起きてしまっては

治すまでにかかった努力が無駄になります。

 

そのため再発させないことを前提に施術を行いますので、

患者様にもきめ細かい説明を行い、日常でのアフターフォローもしっかりと行っていきます。

あなたが本当に良くなるものをお探しなら


もしあなたが、

 

 

  • よくなる効果より、その場だけのリラクゼーション的行為を求めている。
  • ちょこちょこっと施術してもらって痛みが紛れればいいと思っている。
  • 自身の健康にはお金をかけたくないので、とにかく安いところを探している。

 

 

このようにお考えでしたら、当院の施術を受けていただくことができません。

 


というのは、あなたの求める施術と私たちの提供する施術がそもそも違っていた場合、
せっかく来ていただいても時間とお金の無駄になってしまうからです。

 

 

 

反対に、あなたが

 

ご自分の時間やお金、身体の価値を正しく理解した上で、


 

本気でこれからの自身の人生、健康を考えている。
早くよくなって元通りの生活を送りたい。
整体の知識、技術レベルが低いところは不安だ。



このように考えて賢い選択ができるのであれば、


整骨院 匠はあなたの探し求めていた場所です。


ぜひ一度ご相談くださいませ。


必ず期待に応えます。

はじめての方へ

電話でご予約を確認します。

01.jpg

問診票にご記入ください。

02.png

症状についてお聞きし、治療内容について丁寧に説明致します。

03.png

治療に入ります。

04.png

治療後は今後の計画や日々の生活で気を付けたほうがいいことについてアドバイスします。

05.png

お会計です。

06.png

 
 
 

整骨院 匠
ご予約・お問い合わせはこちらから予約サイト

営業時間

平日・土・日・祝日

10時30分〜20時30分

定休日なし

〒720-0824
広島県福山市多治米町2-9-10-2
駐車場8台完備

詳しい道のりはこちら

© 2019 福山市の整骨院匠、腰痛ヘルニアに強い整体 All rights reserved.